> コラム > 欧州で燃料電池車はいつ、普及するのか?
エコカー最前線!

欧州で燃料電池車はいつ、普及するのか?

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ジュネーブショーでもトヨタ主導が目立つ

3月上旬に開催された、スイス・ジュネーブモーターショー。トヨタは記者会見で、2015年9月からドイツ、イギリス、そしてデンマークで燃料電池車「MIRAI」の発売を開始すると発表した。

その際、欧州におけるトヨタの環境車販売の概要についても触れ、シティコミュータとしては小型電動3輪車の「i-ROAD」、一般乗用車では「オーリスハイブリッド」等のハイブリッド車、さらに高性能で未来志向の「MIRAI」が位置するとの図表を公開した。

「i-ROAD」については、2014年10月からフランスのグルノーブル市で「ワンウェイのシェアライド」システムの実証試験を行っている。これは路面電車等の公共交通機関とのモビリティミックスの可能性を探るものだ。セールスボリュームが稼げる領域では、「ヤリス(ヴィッツ)」「オーリス」等のBセグメント・Cセグメントのハイブリッド車化を推進。現段階でプラグインハイブリッド車については「プリウスPHV」のみで対応する。

(※全文:1,422文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田 健史(ももた・けんじ)

自動車ジャーナリスト

1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.