> コラム > マツダの2030年に向けたEV戦略が明らかに
エコカー最前線!

マツダの2030年に向けたEV戦略が明らかに

マツダがオンラインで中期技術・商品方針説明会を開き、2050年のカーボンニュートラルに向けた具体的な戦略を明らかにした。

スモール商品群とラージ商品群

ポイントはやはり、EVである。

マツダはこれまで、2030年グローバルで電動化100%を目指すとしており、そのうち75%を「内燃機関+電動化技術」を表記し、残りの25%をEVとしていた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.