エコカー最前線!

韓国ヒョンデが国内初の直営新拠点「CXC横浜」開設

  • 印刷
  • 共有

韓国のヒョンデは7月30日、「カスタマー・エクスペリエンス・センター横浜」(略称CXC横浜)を開業した。同社の日本国内事業としては初めての直性拠点である。

敷地は2432m2で、1階に「IONIQ5」や「NEXO」などの新車を展示するとともに、ZEV(EVまたは燃料電池車)専用の整備工場などを構える。

IMG_9664
CXC横浜のショールームの様子(筆者撮影)

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報