エコカー最前線!

トヨタとマツダが共同開発する、EVプラットフォームとは何か?

  • 印刷
  • 共有

緊急会見で出てきた様々な協業

トヨタ自動車とマツダは2017年8月4日に都内で、資本提携に関する緊急共同記者会見を行った。その中で、現時点で確定している両社が共同で行う事業項目についても明らかにした。

具体的には、(1)北米内に年産30万台レベルの新工場を2021年を目途に稼働する。(2)EV(電気自動車)の共通プラットフォームを開発。(3)コネクテッド領域での協業。(4)高度な運転支援や自動運転技術などでの協業。そして、(5)商品の相互補完の合計5項目だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報