> コラム > ホンダの空飛ぶクルマ「eVTOL」、2040年代の実用化に向け本格開発中
エコカー最前線!

ホンダの空飛ぶクルマ「eVTOL」、2040年代の実用化に向け本格開発中

ホンダは2021年9月末、埼玉県内の研究開発拠点で報道陣向けに次世代技術についての説明会を実施した。

ホンダは現在、四輪・二輪・芝刈り機や小型発電機などのパワープロダクツ、そしてジェット機の製造をしているが、これらに加えた新領域についても研究開発を進めている。

IMG_0515

ホンダeVTOLの模型(筆者撮影)

研究開発の実務を行うのは、本田技術研究所だ。

ホンダはトヨタや日産のように、本社組織内で基礎研究や量産開発を行う部署を持つのではなく、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.