エコカー最前線!

北京のEV化は本当に進むのか?

  • 印刷
  • 共有

中国がEVPHEV(プラグインハイブリッド車)FCV(燃料電池車)の普及に向けた施策第二弾を始めてから1年弱。2015年4月の上海モーターショーでは、第一汽車、東風汽車、長安汽車、広州汽車、奇瑞汽車、BYD等が、新型のEVやPHEVを出展した。

では現実的に、中国での自動車EV化(電動化)の流れは順調に進んでいくのだろうか?2015年6月上旬から中旬、筆者は北京に滞在した際、同市内各所を巡ったが、新型EVには一度も遭遇しなかった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報