> コラム > トヨタがFCV量産へキックオフ。大きな不安は「人の問題」
エコカー最前線!

トヨタがFCV量産へキックオフ。大きな不安は「人の問題」

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

トヨタ FCV コンセプト

トヨタ FCV コンセプト

2015年に向けて2013年末のキックオフ

トヨタは2013年11月6日、東京モーターショー(同年11月23日~12月1日)に燃料電池車「FCVコンセプト」を出展すると発表した。同車は2015年の量産化を目指すモデルとほぼ同じ仕様だ。

トヨタ FCV コンセプト(背面)

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4870×1810×1535(mm)、ホイールベースが2780mm。トヨタの現行車のなかでは、「クラウンアスリート」に近い大きさだ。

燃料電池システムの詳細については、現時点では未公開。だが、トヨタ関係者によると、基本システムはSUVの「ハイランダー」をベースとした燃料電池実験車両「FCHV-adv」を踏襲する。

こうした燃料電池車の量産化に向けて、トヨタは同年10月26日と27日、横浜みなとみらい地区で開催された「横浜・低炭素交通プロモーション」の一環として「トヨタみらい自動車フェスティバル」を行なった。

JR桜木町駅前の広場には、「FCHV-adv」を展示、その隣には車体に大きなリボンをつけた各色ボディからのハイブリッド車「アクア」がずらり。さらに、立ち乗り式ロボットの「ウイングレット」の体験試乗会を行なった。さらに、赤レンガ倉庫周辺では燃料電池バスの体験試乗も実施された。

(※全文:2,190文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田 健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.