> コラム > 日産の期待の星だった、「リーフ」の行方
エコカー最前線!

日産の期待の星だった、「リーフ」の行方

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

日本だけでなく、世界における量産型EVの筆頭、「リーフ」。
はたしてこれから、どうなるのか?

日産が描く、スマートコミュニティを、ブロックで具現化。

日産が描く、スマートコミュニティを、ブロックで具現化。

EVへの自身揺るがない日産
2016年まで、累計EV販売台数150万台目指す

まずは、日産の直近での考え方を知るため、5月9日、日産自動車本社(神奈川県横浜市)で行われた同社の2013年3月期決算報告記者会見に参加した。

決算の内容は、売上げ高が9兆6296億円。営業利益は5253億円。販売台数では、前年比1.4%増の491万1000台となった。

仕向け地別でみると、アメリカが同5.4%増の114万台、中国が5.3%増の118万台、ロシアを含む欧州が7.5%増の66万台、そして日本が同1.3%減の64万7000台だった。

これらの市場背景を紹介すると、アメリカは高級車を中心に市場回復。中国では2012年9月半ばに発生した反日運動の影響があったが、今年に入り販売状況は昨年並みにまで改善。欧州はロシア地場最大手のアウトヴァズとの連携が好調。そして日本では、エコカー補助金に対する反動減となった。

そして「リーフ」について、プレスリリースでは、「電気自動車とゼロエミッションビークルにおけるナンバー1の自動車メーカーとしての地位を強固なものとした。グローバルでこれまでには6万2000台を販売した」とある。同社が今年2月に発表したデータでは、2012年12月発売開始から2013年1月まで、グローバルで5万1400台としており、この3ヶ月で約1万台上積みされたことになる。

(※全文:1,588文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.