エコカー最前線!

「謎の小型EV」の実態とは?

東北の地に、「PIUS」登場

「とうほく自動車フェスタ」(2012年7月20日~29日/ 宮城県仙台市宮城野区・みやぎ産業交流センター」。東日本大震災後の東北復興のキッカケ作りとして、開催された自動車ショーだ。スーパーカー、旧車、レーシングカー、さらに「アクア」や「カローラフィルダー」など宮城県と岩手県内のトヨタ自動車東日本工場で最終組立されているトヨタ各車が華を添えた。

また、東北の頭脳中枢として、東北大学・次世代移動体システム研究室がEVに関する最新研究を紹介した。レアアースを使わない電磁石型モーター、非接触給電、次世代移動体ディスプレイなどで、一般の人が体験可能な様々な装置が並んだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報