> コラム > マツダ「CX-5」四輪駆動車が好燃費な理由
エコカー最前線!

マツダ「CX-5」四輪駆動車が好燃費な理由

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

北海道で4WDを本気でテスト!

今年で3年目を迎えて、マツダが主催する北海道雪上取材会。年末も押し迫った頃、報道陣の一員として、筆者も参加した。

場所は、旭川空港から北へ車で約1時間半。広大な森林に囲まれた、マツダ剣淵試験場だ。同試験場は、マツダの私有地の他、雪が降らない時期には一般道として使っている山道を冬季のみマツダが借り受け、公道での実用性の検討を行っている。

また今回は、2016年12月中旬に都内で発表され、2017年2月から日本国内発売が始まる新型「CX-5」の試乗会も兼ねている。

マツダが目指す4WDの姿

4WDとは、フォー・ホイール・ドライブ(四輪駆動車)を指す。マツダが市販車に初めて4WDを導入したのは、1984年の「ボンゴ」だ。

(※全文:1927文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田 健史(ももた・けんじ)

自動車ジャーナリスト

1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.