> コラム > 笛吹けども踊らない、FCV(燃料電池車)普及政策
エコカー最前線!

笛吹けども踊らない、FCV(燃料電池車)普及政策

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

インフラを巻き込んだ形としたが...

5月中旬、トヨタ、日産、ホンダの日系自動車メーカー大手3社に加えて、東京ガス、岩谷産業、東邦ガス、JXTGエネルギー、出光興産、日本エア・リキード、豊田通商、さらに日本政策投資銀行の合計11社が共同で、水素ステーションを整備するための新会社を設立すると発表した。

この水素ステーションとは、FCV(燃料電池車)への水素充填を目的としたものであるため、この新会社もFCV普及を念頭に置いたものだ。

こうした動きには、前段があった。

(※全文:1721文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.