> コラム > ホンダの先進安全技術をテストコースで体験 2050年交通事故死者ゼロへ
エコカー最前線!

ホンダの先進安全技術をテストコースで体験 2050年交通事故死者ゼロへ

ホンダは2021年11月後半、さくらテストコース(栃木県さくら市)で、報道陣向けに『Honda安全ビジョン・テクノロジー取材会』を開催した。

その中で、本田技術研究所の大津啓司社長は「2050年までに全世界においてHondaの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロを目指す」と宣言した。

実現に向けて、『モビリティの性能』、『交通エコシステム』、そして『人の能力』が三位一体となる研究開発思想を持つ。

Free&Safe Societyという将来イメージ図を示して、一人ひとりに合わせた安心と、全ての交通参加者との共存が必要だと説明した。

さくらテストコースにて。写真左が本田技術研究所の大津啓司社長(筆者撮影)

さくらテストコースにて。写真左が本田技術研究所の大津啓司社長(筆者撮影)

5E視点による全方位の取り組みを推進 2050年交通事故死者ゼロへ

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.