最新動向から見る製造業「脱炭素化」の現在地(後編)

  • 印刷
  • 共有

2050年カーボンニュートラルへ向けた世界・日本の動向と製造業の脱炭素について、日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 プリンシパル段野孝一郎氏に話を聞いた。後編のテーマは、高まる製造業の脱炭素への気運、脱炭素 + デジタライゼーション、〈攻め〉と〈守り〉の脱炭素など。(前編はこちら

高まる製造業の脱炭素への気運

6月調査の日銀短観では“企業の旺盛な投資意欲を確認”とある。

「脱炭素に限る話ではありませんが、製造業における設備投資の気運が盛り上がっているのは間違いありません」

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報