太平洋セメント、全工場へ「廃熱発電」の導入を完了

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

太平洋セメント(東京都文京区)は10月24日、埼玉工場(埼玉県日高市)で、セメント製造工程で発生する廃熱を活用した発電設備を稼働した。発電出力は7.85kW。年間発電電力量約53,000MWh、年間約23,000トンのCO2排出削減を見込んでいる。

今回の埼玉工場への導入により、全工場への廃熱発電設備の設置が完了した。全工場での総消費電力量に対する廃熱発電量の割合は19.7%(2021年度比3.0ポイント増)になる見通し。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報