帝人、大阪万博の日よけに炭素繊維と木材のハイブリッド素材を提供

  • 印刷
  • 共有
「LIVELY WOOD」が使用された「日よけ」のイメージ(出所:帝人)
「LIVELY WOOD」が使用された「日よけ」のイメージ(出所:帝人)

帝人(大阪府大阪市)は11月28日、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の「大阪ヘルスケアパビリオン」に協賛し、日よけとして炭素繊維と木材のハイブリッド素材を提供することを発表した。

木材と同等の軽さと2倍以上の強度を持つ「LIVELY WOOD」

同パビリオンは、大阪府・市が出展し、世界に貢献する大阪の姿を示すことを目指している。パビリオン全体には木材が多く使用され、その一環として屋外催事場の暑さ対策として設置する日よけにも木材の活用が検討されていた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事