2050年脱炭素へ「新技術で根本にメス」 デンカのロードマップとは

  • 印刷
  • 共有

2020年11月、エネルギーを多く消費する化学メーカーとして、いち早く“2050年カーボンニュートラルの実現”を宣言したデンカ。
自家水力発電を中心とした再エネ比率拡大やCCUS、水素といった革新的技術への挑戦など...。
2050年へ向けた脱炭素へのロードマップと取り組みを、サステナビリティー推進部長の桑名進氏に聞く。

次元の違う、大きな取り組み

1915年に石炭窒素肥料の製造・販売を開始して以来、化学メーカーとして歩んできたデンカ。現在は、電子・先端プロダクツ、ライフイノベーション、エラストマー・インフラソリューション、ポリマーソリューションの4つの事業領域で、独自の技術や製品の開発に努めている。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報