中小企業向け、自家消費型太陽光の導入スキーム開発 あいおいニッセイら

  • 印刷
  • 共有
【出所:あいおいニッセイ同和損保】
【出所:あいおいニッセイ同和損保】

あいおいニッセイ同和損害保険(東京都渋谷区)と日本再生可能エネルギー地域資源開発機構 (RDo/奈良県奈良市)、スマートエナジー(スマエネ/東京都港区)の3社は10月27日、中小企業向けの自家消費型太陽光発電設備の導入スキーム「Roof Plus」を開発し、同月より提供したと発表した。

中小企業含む幅広い事業者向けに展開。コスト削減、Scope3に対応

企業の屋根上に太陽光発電設備を設置し、発電した電力を自社で消費する自家消費型太陽光発電は、PPA事業者が初期費用無料でサービス提供するスキームにより、大手企業を中心に導入が促進されているが、中小企業は提案を受ける機会が少ないという課題がある。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事