住友化学、新設備導入 マテリアルリサイクル事業強化

  • 印刷
  • 共有

住友化学(東京都中央区)は9月21日、使用済みの自動車から出る廃プラスチックを再資源化するマテリアルリサイクルの事業化に向けて、パイロット設備を導入すると発表した。

同社は今後、次のような取り組みを開始する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報