従業員主導で企業の脱炭素化を促進、ソリューションをbajjiが提供

  • 印刷
  • 共有
「capture.Xプラス」イメージ(出所:bajji)
「capture.Xプラス」イメージ(出所:bajji)

bajji(東京都台東区)は2月21日、脱炭素化ソリューション「capture.x」(キャプチャーエックス)の法人向けバージョンとして「capture.xプラス」を2024年春に提供開始すると発表した。従業員一人ひとりが参加しながら、企業の脱炭素化を進めるためのソリューションとなる。

会社の再エネ化や省エネ化を、自分ごととして捉え参画できるソリューション

同ソリューションでは、脱炭素化に向けた重要指標(自社の再エネ発電量、自社の消費電力量、社員の行動による社内炭素税)を日々見える化する。さらに、部署間やチームで競わせるなどゲーム要素を取り入れ、社員のモチベーションを継続させるという。また、導入企業に応じた福利厚生に反映されるポイントを付与するなど、インセンティブにより環境施策を重要な業務へと転換させることで、企業の脱炭素化を従業員主導で引き起こすことを狙う。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事