日本製鉄、CO2削減量を割り当てた鉄鋼製品発売へ

  • 印刷
  • 共有
鉄鋼業におけるCO2排出量削減効果の割り当て方式(出所:日本製鉄)
鉄鋼業におけるCO2排出量削減効果の割り当て方式(出所:日本製鉄)

日本製鉄(東京都千代田区)は9月14日、自社のCO2排出量削減効果を割り当てることで、鉄鋼製造プロセスでのCO2排出量を削減したと認定される鉄鋼製品「NSCarbolex(TM) Neutral」(エヌエスカーボレックス ニュートラル)を、2023年度上期から販売すると発表した。

CO2排出量削減効果が確定し、第三者による認証が得られた時点で供給を開始するという。日本製鉄が製造する全ての鉄鋼製品が対象で、販売価格についてはプレミアムを取得することを検討している(現時点では未定)。初年度の供給量は、CO2排出量を実質ゼロと認定された鋼材換算で年率30万トン程度を予定する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報