日本ガイシ、CN関連製品の開発拠点を新設 2025年竣工

  • 印刷
  • 共有
共創施設の完成イメージ(出所:日本ガイシ)
共創施設の完成イメージ(出所:日本ガイシ)

日本ガイシ(愛知県名古屋市)は11月22日、NGKグループの中長期ビジョンで掲げるカーボンニュートラル(CN)関連とデジタル社会(DS)関連分野への事業構成転換のため、本社地区に共創施設とCN関連製品開発エリアを新設すると決定した。150億円規模の設備投資を行い、2025年5月に竣工予定だ。

今後の事業転換に向け150億円規模の設備投資を行い、CN・DN関連の研究施設を増強

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事