古河電工、フィリピン工場でカーボンニュートラル達成

  • 印刷
  • 共有
フィリピン工場(出所:古河電工)
フィリピン工場(出所:古河電工)

古河電気工業(東京都千代田区)は米国データセンタ向け放熱・冷却製品の主力生産拠点であるフィリピン工場において、10月から、使用する全電力を再生可能エネルギー由来の電力に切り替える。これにより年間約5,000tの温室効果ガス(GHG)を削減し、同工場全体のGHG排出ゼロを達成する見込み。

同工場「FURUKAWA ELECTRIC THERMAL MANAGEMENT SOLUTIONS & PRODUCTS LAGUNA」(FTL))は2019年に新設。2021年夏から本格量産を開始した。2022年5月からは使用する全電力の約50%を水力由来の再エネ電力に切り替えており、10月からは残り約50%も地熱由来の再エネ電力に置き換える。これによりスコープ2(自社が購入した電気・熱などの使用による間接排出)でのGHG排出量がゼロとなる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報