住友ゴム、30年GHG排出削減の目標設定 材料開発・調達で25%減など

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

住友ゴム工業(兵庫県神戸市)は11月28日、サプライチェーン全体のカーボンニュートラル達成に向けて、2030年のGHG排出削減目標について、スコープ3の目標値を設定するとともに、スコープ1・2の目標値を引き上げたと発表した。

サステナブル原材料の活用やモーダルシフトを推進

同社グループのGHG排出量は、スコープ3が約9割を占める。今回、2030年削減目標を設定するにあたっては、スコープ3排出量のほぼすべてをカバーできるよう、以下のように設定した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事